橋村和徳
株式会社VILLAGE INC 代表
一般社団法人 下田HOMIE 理事

佐賀県唐津市出身、現在、静岡県下田市住人。
小学生時代は、朝飯前に、海に潜って銛で魚を刺すのが日課。
自然に囲まれ育った反面、華やかな未知なる世界に憧れを抱いていた。

東京の大学を卒業後、テレビ局勤務3年を経て、ITベンチャーの起業に参画。
営業部門長として丸8年勤務。当時、さらなる事業拡大をすべく中国市場を開拓しに
渡中するが、劣悪な自然環境に“封じ込めてきた思い”が蘇り、密かに温めてきた
西伊豆の秘境を舞台にした事業で独立を決意し帰国。が、起業準備開始の矢先、
リンパ癌で胃の全摘を宣告。起業断念がチラつきながら、放射線治療で手術を回避し、
心身ともに社会復帰を果たす。

この体験から「やりたいこと以外に時間(命)をかけるのはもったいない!」
という思いをより強なものとし、自らの夢をカタチにするだけでなく、
地域の資産を生かし、「心が求める自然体で張りのある生き方」
支援できるビジネスを鋭意展開中!
プライベートキャンプ
プライベートキャンプ
茶屋尚輝
1980年生まれ 三重県伊勢市出身。
小さな頃からソトあそびとモノづくりが好きな健康優良児。
中・高はバスケットボール浸けで過ごし、大阪へ大学進学するも漠然とした日々を
過ごす中で『人の集まる空間』を創りだす事に興味を持ち、建築を学ぶ為に東京へ
設計事務所に入社し、8年間ひたすら都内各所の建築工事作図に携わる。
寝る暇もなく働く日々の中、いつかは地元のような自然豊かな場所で自分ならではの
空間を創る事を夢見る。

2011年 訪れたAQUA VILLAGEで現在の会社代表 • 橋村に出会い起業に至るまでの
話を聞き感銘を受ける。翌年、橋村へ転職と起業について相談をしたところ、
VILLAGE INC. への採用が決まり静岡県下田市に移住し現在に至る。

自転車遊び、木工やバッグ製作に料理まで、多彩な趣味とキャンプや美味しいモノを
通じて様々なカタチで新しい『人の集まる空間』を演出&提供すべく日々妄想を
膨張させつつ行動中です。"Think Realistically, Act imaginatively."
梅田直樹
下田活性化事業担当 執行役員
一般社団法人 下田HOMIE 代表理事


1972年静岡県下田市出身。
父の背中に憧れ17歳になる春に父が営む梅田板金塗装工業に入社し、
厳しい修行の中でもお客様が修理後に見せてくれる笑顔がたまらなく嬉しく、
無我夢中で24年目!

自動車業に夢中になりながらも、「漠然と新たな事業に挑戦したい!」
「するべきなのでは?」と自問自答していた時期に友人からの紹介で橋村氏と出会い、
4年に渡る親交の中で彼の事業への情熱、開拓精神、何事にもポジティブに考える
スピリッツに感銘を受け、同じ思いを持った地元友人の小川氏とVILLAGE INC. とともに、 新たな笑顔に出会うため、「一般社団法人 下田HOMIE」を立ち上げました!

このHOMIE(仲間達)や、これから出会う人達との「えん」を大切に、育ててもらった
地元への恩返しも込め、人々が集い活力が生まれる空間を提供できるよう未来へ
チャレンジして行きます!
プライベートキャンプ
プライベートキャンプ
小川浩史
飲食事業担当 執行役員
一般社団法人 下田HOMIE 理事


1972年、静岡県下田市出身。
幼少時代は海と山に囲まれた自然の中で地元の方々の愛情を感じながら成長する。
中学卒業とともに下田を離れ横浜の高校に進学、アメリカンフットボール部に所属し
人間関係の基礎を学ぶ。

卒業後、「自分に何が出来るか?」との思いで料理人の道を志し、東京神楽坂の
割烹料理店に住込みで修行に入り、板前として10年間勤め帰郷。割烹民宿小はじの
二代目として自分が美味しいと信じた「味」を追求し、家族の支えのもと現在に至る。

民宿の経営を通してお客様と接し、伊豆下田の素晴らしさを伝え集客する観光業の
将来や子供たちの未来について考え出した頃、起業家橋村氏に出会い、挑戦し続ける
精神とポジティブな思想に共感し、下田の地域活性と観光事業の発展という経営理念の
もと同士の梅田氏、VILLAGE INC. と共に「一般社団法人 下田HOMIE」を設立。
地元の漁師、農家の方々のご協力を仰ぎ、食材の持ち味を生かした料理を提供し、
愚直なまでに仕事に打ち込む姿勢を心に刻み精進する日々。

矢部勝

1973年、神奈川県横浜市出身。
高校卒業後、長野県のペンションで働き初めたことがきっかけでスキーの楽しさに目覚め、スキーインストラクターからついにはスキー場のパトロール隊員になりどっぷりとスキー中心の世界に身を置くこととなる。

三十歳を機に今後のキャリア展開を見据える中、幅広く観光業界を知るため山から海への進出を決断、長野から伊豆下田へ活動の拠点を移すことになる。伊豆白浜のペンション従業員を経て、調理師の資格をとり旅館板前に従事する最中、知人の紹介によりVILLAGE INC. の存在を知り伊豆を拠点にしながらもそのダイナミックな活動に大いに衝撃をうけるとともに強い魅力を抱く。その後一念発起し知人からの推薦状をとりつけ人材募集に応募、2014年12月にはれてVILLAGE INC. スタッフの仲間入りを果たす。

プライベートキャンプ
松本 敦子 Atsuko Matsumoto
松本 敦子

駅前土産物屋の娘として生まれ、高校卒業までを伊豆の下田で過ごす。

子供の頃から大好きだった映画関係の仕事に就くべく日本映画学校に進学。TV・映画業界の録音技術者となり、フリーランスで35歳まで現場録音を続け、日本全国で撮影の日々を送った。

体調を崩し業界を退いた後、故郷の下田に戻り、偶然見つけたホテル内エステルームのエステティシャンとなる。エステの面白さとアロマオイルの奥深さに日々勉強を繰り返す中、東日本大震災が発生。観光客の激減、エステ客は一か月間一人も来店せずそのまま解雇となる。

次なるチャレンジに介護職を選択。アルツハイマー型認知症を患った祖母が最期を迎えた病院に就職、患者様の身の回りのお世話、お見送り、様々な感情のコントロールを学んだが、3年経つ頃に病院は閉院となる。

このタイミングで知人より事務職募集があるけどどう?と声を掛けてもらいVILLAGE INC.代表の橋村と出会うこととなる。

味わい深く、若干楽しさも感じつつ、様々な分野から集まった仲間たちと共に、スリリングな現在に至る!

猪口 涼 RYO INOGUCHI

1980年生まれ、BOOWYの故郷の群馬県高崎市出身。

小・中・高とサッカーに明け暮れる。小・高ではキャプテンを務め、リーダーシップを発揮しながら仲間の大切さを学ぶ。高校卒業後は上京し、ボクシングを始める。

大学では広告・商品開発に魅了され、商学部へ転籍。内定を10社以上いただくも全て辞退し、貯金をはたき借金覚悟でデザインの専門学校へ。 ド素人だが人に負けたくない一心で丸一年デザインを学び、レストラン経営をする会社にデザイナーとして入社。専門時代の借金などもあり公園生活なども経験。

その後、前職の制作会社で某有名アーティストのCDジャケットや大手航空会社のSPツール制作に10年携わる。

35歳、前職10年という節目の2015年、新しい事にトライしたいと思う矢先に橋村氏と話す機会があり、希望に満ち溢れている姿に共感し、その場で入社を決意。

『人生、ノリと勘で生きる』がモットーの「酒」と「フジロック」を愛するおちゃらけPeople。

猪口 涼
行野 慎平 Yukino Shinpei
行野 慎平

1985年12月2日生まれ、石川県金沢市出身。

「色んな場所へ行って、色んな人と出会い、色んな経験がしたい!!」という好奇心から、貯金を費やし世界放浪の旅に出る。

異国の文化や生き方を肌で感じたことで、自分らしく生きる大切さを知り、帰国後もマンガ家や調理の仕事をやりながら海外や日本各地を転々とする。

東京でスタッフの茶屋と出会い、VILLAGE INC.の経営理念や代表 橋村について話を聞き、ワクワクが止まらず持ち前の身軽さで下田へ移住。 VILLAGE INC.スタッフの仲間入りを果たす。

入社して数ヶ月後、新拠点となるSOIL VILLAGE(長野県小諸市)の立ち上げメンバーに選ばれ、下田帰還後も新拠点THE SOUTHERN PENINSULA(南伊豆)の立ち上げを行う。

趣味は何かを作ること。
ケータリング、イラスト作成…
そしてゲストに喜んでもらえる場作りとVILLAGEスタッフとして悪戦苦闘しながら今もなお放浪中!

國部 龍太郎 Ryutaro Kunibe

宮崎県生まれ神戸育ちという
九州男児と浪速の混血な上にTokyoで青春を過ごした故の
平成元年生まれの期待の大型ルーキー!
中学高校を大阪・難波で過ごし大学進学のタイミングで上京。
大学では建築学を勉強。専門は近代日本建築史。
図面をゴリゴリ描いてイメージの具現化に明け暮れる3年間を過ごし、
真っ白な灰になるまで燃え尽きたところで、
同級生の誘いを受け、心機一転建築の道からお笑い芸人の道へ!
物語はまだまだ始まったばかり…

持ち前のフットワークの軽さで楽しい人、場所、モノだけを追い続けてたら、
気付けば伊豆半島の先っちょに!?
人生ってわからんもんやね!!
「都会っ子でもキャンプ楽しめちゃうんだよっ」
というキャッチフレーズを武器に楽しい場作りに邁進中!
大好物のゴーヤ納豆カレーを食べて日々元気ブリブリやでー!

上記の通り、建築とお笑いとアイドルが好きです。
何卒よろしくお願いします。
グワ〜シ!!!

國部 龍太郎
加納 達也 Tatsuya Kanou
加納 達也

1982年生まれ、福岡県中間市出身。

公務員家庭の長男として産まれ、何不自由ない幼少期を過ごす。

中学・高校とバスケットボールに打ち込み、リーダーシップと日々の積み重ねの重要性を学ぶ。

大学は兼ねてから興味のあった理学部化学科へ進み、少しでも知識を活かした仕事がしたいと化粧品メーカーへ就職し、その後大手人材系企業に転職。
「ヒト・モノ・カネ・情報」の「ヒト」の部分で企業の経営者や人事担当者と向き合い、事業推進パートナーとして邁進しながら、いつか自分自身も「当事者」として命を捧げられるビジネスに関わりたいと自分の居場所を模索していた頃、知人の紹介で代表の橋村と出会う。

大企業に勤めてもどうなるか分からない時代。そんな時代に「生き方」「働き方」「生きる場所」すらも自ら選択し、その選んだ道を正解にしていく成功事例となるべく、事業創り・組織作りに奔走しながら、人と地域の可能性を最大化する道を企む。2016年5月より現職。

森本 龍之助 Ryunosuke Morimoto

和歌山県新宮市出身。実家は漢方薬店を営む。

自分の部屋が欲しい一心で中学卒業後、親元を離れ、全寮制の高専へ進学。高校時代3年間はラグビー部、後の2年間はボクシング部と軽音部を掛け持ちし部活動に精を出す。

高専卒業後、東京へ出たい一心で大学へ編入。授業はそこそこに、カレー屋、ローディー(アーティストの雑用)、バンド活動、シェアハウス運営、飲食、家庭教師など様々な経験を積む日々を送る。

大学を卒業してから2年の月日が流れる中、何者でも無い自分に不安を感じ、オーストラリアへ1年間逃避。現地でサーフィンにハマり、各地を転々。多種多様な素敵な人たちと出会い刺激を受ける。

帰国後、働きたい、人の役に立ちたいという思いから怪しげな就活イベントに参加。そこでVILLAGE INC.茶屋と出会い、下田への移住をゆるく決意。

料理、サーフィン、音楽、DIYなど趣味は幅広く、ノリとフットワークの軽さを売りとする。合羽橋をこよなく愛す男です。

森本 龍之助
佐藤 祐介 Yusuke Sato
佐藤 祐介

comong soon

坂本 友実 Yumi Sakamoto

富士山のふもとにて高校卒業後、美大を受験するも補欠落ち。一年浪人後、東京の美大にて破天荒な毎日を過ごす。

モチーフとして描いた牛骨がきっかけでホネの魅力にとりつかかれ、熱海でカラス、茨城のダチョウ、稚内のクジラ、利尻島のトド、小笠原のウミガメや群馬スネークセンターから取り寄せたタイコブラなどのホネを収集。ホネ積載に最適なバイクも購入。研究室からダチョウの皮を干して異臭騒ぎで怒られる。

大学卒業後、青年海外協力隊としてトンガのキリスト教系職業訓練校に美術講師として派遣。トンガのブタ、ウマ、NZのアザラシ、フィジーのオオコウモリのホネを入手しつつ、シスター(校長先生)や生徒に翻弄され2年2ヶ月過ごす。

帰国後は青森りんごをジャイロ(原付)に乗せて売ったり、恐竜のホネの輸入などを経て、VILLAGE INC.のブラックホール的な魅力に吸引され、現在はホネと似た色をしたコットンテントをひたすら輸入中。

坂本 友実
井ノ上 由季 Yuki Inoue
井ノ上 由季

新潟の豪雪地帯、中魚沼郡津南町出身。
小さい頃から夏は山・川遊び、冬はスキーやスノーボードと外遊び中心で育つ。

専門学校を卒業し、医療事務として大学病院勤務を経て、ウエディングプランナーの道へ。
プロデュース会社に所属しレストランやホテルなど様々な現場を経験。
その後同僚とともに独立し、フリーのウエディングプランナーとして活動。

プライベートでは夏はキャンプ、冬はスノーボードと外で遊ぶことが大好きだったことよりアウトドアウエディングへの興味が増し、アウトドアウエディング会社ともつながりを深め、経験を重ねる。

そんな矢先、スタッフの茶屋のウエディングパーティーを担当し、そのままのいきおいでVILLAGE INC.に仲間入り。

下田に移住し久しぶりの自然が近い生活で、癒され、そしてその脅威に驚かされながらも、新郎新婦はもちろんゲストにとって最高の2日間をつくりあげるべく奮闘中。

トップページに戻る